まるたけ世界周遊シリーズ 週末海外パート3 香港マカオ パンとタイルとホテルの旅

 

1 セナド広場は、石畳が敷き詰められていてまるでヨーロッパ/2 広場に面したスタバも雰囲気あり。

/3 白色が美しい仁慈堂/4 ポルトガル統治時は市政庁だったという民政総署/5 自由に入れる中庭は

市民の憩いの場所/6 お庭は手入れもされて/7 広場を越えて聖ドミニコ教会/8 陽が差してくる礼拝堂/9 夜も人が絶えずに/10 美しくライトアップされたセナド広場と/11 黄金色に輝くドミニコ教会

22の建造物と8の歴史市街地区が世界遺産というマカオ。すべての地域が徒歩圏内なんて、なんて贅沢な。他でも感じたこと

があったのですが、世界遺産とされている地域もマックやスタバなど商業施設が普通にある場所だったりするので、ユネスコ

の認定基準や保存基準ってどのあたりなんでしょ。でも、そんなふうに歴史ある建物が街の生活風景に溶け込んでいるように

思えました。きっと昔からずっとそうなんでしょうね。

セナド広場周辺の世界遺産密集エリア。

小高い丘の上にそびえ立つ聖ポール天主堂跡/広い階段は観光客で溢れています。周辺にはおみ

やげ屋さんなどもおおくのんびりした雰囲気/彫刻が美しいこの建物には/裏側から上に上がる

ことができます。吹き抜けの向こうにはグランドリスボアが/こちらは裏側。天主堂の建物自体

は火事で消滅したので、正面の壁面だけ残っているので「跡」/私だけ上に登ってみました。

foodhk_f1.htmlshapeimage_21_link_0
hotelshk_h.htmlshapeimage_24_link_0
sightshk_s.htmlshapeimage_25_link_0
world
heritageshapeimage_26_link_0shapeimage_26_link_1
abouthk_a.htmlshapeimage_27_link_0
go to 
tophk_top.htmlhk_top.htmlshapeimage_30_link_0shapeimage_30_link_1

聖ポール天主堂跡

セナド広場から西側へ15分さんぽ。

武../mainoriginal/home.html../mainoriginal/home.htmlshapeimage_36_link_0